年賀状はその人の性格が見える習慣

誰かが投函してくれた落とした年賀状

小学生だったとき、年賀状を自転車のかごにいれてポストまで持って行こうとしていました。

 

すると風が吹いてしまい、年賀状がかごから飛んでしまいました。
探しても見つからないので仕方なく家に帰りました。

 

てっきりゴミとなってしまったと思い込んでいたのでまた新しく年賀状を書いて投函したのです。

 

すると友達から年賀状が2枚きたけどどうしたのと言われてびっくり。
誰かはもちろんわかりませんが誰かが拾ってポストに入れてくれたのでしょう。
落としたはずの年賀状も配達されていたのですね。

 

もちろんたまたま運が良かっただけで絶対にこうなるとは限りませんが、
いい人もいるんだなと思って感動しましたね。

 

今は年賀状も年を追うごとに書いても返事をくれない人も増えてしまい、
枚数が減ってきていますが1年の始まりの挨拶としては欠かせない存在じゃないかなと思います。

 

子供が産まれた、結婚した、引っ越したなどの挨拶も年賀状でまとめてする人が多いので
なくなってしまうと困る習慣なのかなと。

 

面倒だから年賀状は書きませんという方も実際多いですけど、
私はできる範囲で続けていきたいなと思える習慣なのです。
その人の人柄が出ますよね。
文字の書き方や写真の使い方でその人の性格が見えてくるような気がします。